防犯コラム

HOME > 防犯コラム > 防犯について > 川崎・強盗殺人未遂事件 防犯カメラ画像公開

川崎・強盗殺人未遂事件 防犯カメラ画像公開

13.01.31

川崎市のマンションで昨年10月、住人の女性が男に刃物で刺され財布を奪われた事件があり、県警捜査1課は29日、防犯カメラに映った容疑者とみられる男の画像を公開しました。同課と川崎署は強盗殺人未遂容疑で男の行方を追っています。

 同課によると、昨年10月17日午後11時ごろ、川崎市川崎区のマンションで、帰宅した女性(26)がエレベーターに乗り込んだ際、後ろからつけてきた男に腕を切り付けられ、現金約1万円などが入った財布を奪われました。逃走した男の後を追うと、さらに腹を刺され約1カ月の重傷を負いました。近くにいた運転手の男性(27)がマンション前で倒れている女性を見つけて通報しました。


 公開された画像は、男が事件直後の同日午後11時半ごろ、JR川崎駅地下街を歩く姿と、翌18日午前2時半ごろ、相模原市南区の小田急相模大野駅近くのコンビニエンスストアを利用する姿。
 同7時15分ごろには「川崎で人を刺した」と110番通報があり、同課は防犯カメラの映像から男が同駅近くの公衆電話から通報したとみています。同8時ごろ、川崎市麻生区の小田急柿生駅近くのコンビニエンスストアの防犯カメラに映っていたのを最後に足取りは確認できていない。
 男は30~50歳で身長165~167センチ。事件当時、上下とも黒のジャージー姿でした。

情報提供は県警本部(電話045・211・1212)、川崎署(電話044・222・0110)へ。(参考 1月30日毎日新聞)