防犯コラム

HOME > 防犯コラム > 防犯について > 防犯カメラの中身はどうなってる?

防犯カメラの中身はどうなってる?

13.03.26

誰もが知りたい防犯カメラの秘密についてお教えしましょう! 

防犯カメラの中身はどうなってる?

こんな感じです!

防犯カメラの中身

これはドーム型カメラのドーム部分を外した状態です。真ん中にレンズが鎮座していますね。

天井等に設置するときは、まずこの状態で天井にビスで留め、画角などを調整した後に、ドームカバーを被せます。

画角はレンズ左下のつまみを調整して、モニターを見ながら最適なところに調整します。

まさに「蓋を開けてみると」こんなにたくさんの部品や基盤が使われているんですね!

海外製の安価なものの中には、蓋を開けてみると、たまに驚くほどスカスカなものがあります・・・持ってみても軽い!これは使い捨てだなあと思います。

私たちがお取引しているメーカーさんのカメラは、部品がみっちり詰まっていて、長くお使いいただくことを前提に作られています。

設置する側もこれは安心!

「防犯カメラなんてなんでも変わらないんじゃない?」とお思いのそこのあなた!蓋を開けてみると結構違うものです!

 

    実機デモで体感してみませんか?

デモ・お見積り・現場調査のご依頼は、TEL 03-6225-2198 までお気軽にドウゾ!