法人のお客様

HOME > 法人のお客様 > マンションの防犯カメラ設置事例 > 東京都大田区マンションの防犯カメラ設置事例

東京都大田区マンションの防犯カメラ設置事例

施工対象
東京都大田区内小規模マンション様
工期
現場調査半日、施工半日
納品システム
・エルモ製 1TBハードディスクレコーダー 1台
・JCVケンウッド製 ドームカメラ 2台
・カメラ用12V電源装置
その他
カメラ2台で1TBのハードディスクの場合、約3ヶ月ほどの映像保管が可能です。
映像保管期間は、画質や1秒間に何コマ取るかの設定で決まります。鮮明で滑らか映像で録画する場合は、その分ハードディスク容量を必要とするため、映像保管期間が短くなります。

 

お客様のご案内

マンション.jpg

東京都大田区マンションオーナー様です。

一階が店舗になっている3階建のマンションに、アンチクライムの防犯カメラシステムを導入してくださいました。

 

アンチクライムからのご提案

カメラ

TK-S2201

既設のネットワークカメラからアナログカメラへの交換ということで承りました。

ドームカメラ2台で、マンション廊下に立ち入る人を死角なく記録するため、レンズ向きの設定に気を配りました。

JCVケンウッド ドームカメラの詳しいご紹介こちらへ!

 

 

ハードディスクレコーダー

ハードディスクレコーダーは、管理人室での保管ではなく、天井裏に設置となったため、いざという時に操作しやすいように配線が邪魔にならないよう設置しました  

お客様の声

働く男性

ホームページを見て問合せをしてから、翌日には現場調査に来てくれて、見積もりから設置までとてもスピーディな対応で安心しました。

現場調査と見積もりまでは無料とのことだったので、気軽に調査をお願いできたのも良かったです。

 

 

参考
■ドームカメラの画角について
ドームカメラには通常あらかじめレンズが内蔵されています。
そのレンズが広角であるか望遠であるかを現す数値として、「焦点距離」という値が設定されています。
焦点距離が小さければ小さいほど被写体が小さく、広い範囲が写るようになります(広角レンズ)。
そして、焦点距離が大きければ被写体が大きく(望遠レンズ)、写る範囲は狭くなります。
一般的な防犯カメラには、バリフォーカルレンズという画角を変更できるレンズを使用しています。
例えば、焦点距離2.83~10.5mmのバリフォーカルレンズならば、3.75倍のズーム機能を持つことになります。
一度設置した後でも、レンズ焦点距離を変更すれば、撮影したい範囲を変えることができ、わざわざカメラ位置を変える必要がありません。

お問合せ