法人のお客様

HOME > 法人のお客様 > マンションの防犯カメラ設置事例 > 東京都江東区内マンションの防犯カメラ設置事例

東京都江東区内マンションの防犯カメラ設置事例

施工対象
東京都江東区内マンション
工期
1日
納品システム
・テスコムジャパン製デイナイトボックスカメラ 2台
・テスコムジャパン製デイナイトドームカメラ 1台
・タムロン製パノラマカメラ 1台
・ユニモテクノロジー製 4CH HDDレコーダー 1台
・テスコムジャパン製カメラ用電源 1台
・パノラマカメラ用12Vアダプター 1個
・液晶モニター 1台
その他
防犯カメラには、今回のデイナイトカメラのように、電源と映像信号を1本のケーブルで伝送できる「電源重畳カメラ」とパノラマカメラのように、電源はアダプター等で供給し、電源線とは別に映像信号線が必要な「12V電源カメラ」があります。以前は「24V電源」というカメラもありましたが、最近は見かけなくなりました。

 

お客様のご紹介

中規模マンション東京都江東区内のマンションです。

これまでエレベーター以外には、防犯カメラが設置されていなっため、住民の方の間に犯罪や不審者の出入りについて心配される声が上がっていました。

住民のみなさんが安心して暮らせるマンション環境を実現するため、アンチクライムの防犯カメラシステムを導入してくださいました。

  

アンチクライムからのご提案

エントランス、駐車場、エレベーター等出入り口を中心とした防犯カメラ設置をご提案しました。夜間灯りが少なくなる駐車場には、暗くなると自動的に白黒映像に切り替わる「デイナイトカメラ」を、エレベーター籠内には、1台で広範囲を撮影する「パノラマカメラ」をご提案しました。

180度パノラマカメラ 130NT-P-CM

 

タムロン製180度パノラマカメラ 130NT-P-CMの詳しいご紹介ページはこちらへ!

 

 

各カメラの配線を管理人室に設置した、防犯カメラ用の電源につなげ、レコーダーへ映像信号を送ることで、防犯カメラの映像を録画することができます。また、レコーダーからモニターに映像信号を送ることで、再生画像や録画画像を見ることができます。 

マンション 防犯カメラ配線の仕組み

お客様の声

ビルオーナー様のサムネール画像

防犯カメラにはあまりなじみがなく、どうやって選んで良いのか迷いましたが、マンションの環境や予算に合わせて複数プランを提案してもらえたので、自分たちに合ったプランを検討しやすかったです。エントランスや駐車場、エレベーターなど、マンションにどんな人が出入りしているのか記録できているのは、万が一何かあった時には安心です。

 

 

参考
防犯カメラ映像を録画するレコーダーには、同じ製品シリーズで、4CH、8CH、16CHという仕様があることが多いです。CHとは、カメラを何チャンネル(何台)つなげられるかという意味です。今回は、カメラ4台のため4CHのレコーダーを設置しましたが、今後カメラの増設の予定がある場合は、あらかじめ余裕をもったCH数のレコーダー導入をおすすめします。

お問合せ