法人のお客様

HOME > 法人のお客様 > 病院の防犯カメラ設置事例 > 神奈川県内市立病院 駐車場の防犯カメラ設置事例

神奈川県内市立病院 駐車場の防犯カメラ設置事例

施工対象
神奈川県内私立病院駐車場
工期
施工1日
納品システム
・テスコム製デイナイトカメラ 3台
・JVCケンウッド製ネットワークカメラ 1台
・デイナイトカメラ用電源 1台
・ネットワークカメラ用電源供給PoEハブ 1台
・アバーメディア製ハイブリッドレコーダー 1台
その他
アナログカメラとネットワークカメラのどちらとも接続できるレコーダーのことを、「ハイブリッドレコーダー」と言います。アナログカメラの場合は、同軸ケーブルでつなぐため、BNC端子が、ネットワークカメラの場合は、LANケーブルでつなぐため、LAN端子がレコーダーに備わっている必要があります。「今はアナログカメラを使っているが、今後徐々にネットワークカメラに切り替えたい」というご要望のお客様には最適のレコーダーです。

 

お客様のご紹介 

病院の防犯カメラ設置事例神奈川県内の市立病院様です。

毎日大勢の患者様やお見舞いの方がいらっしゃるため、広い駐車用が併設されています。

駐車場での車上荒らしや不審車両の駐車を防ぎ、訪れる方に安心して駐車場を利用していただけるように、アンチクライムの防犯カメラシステムを導入してくださいました。

 

 

アンチクライムからのご提案

現場調査の結果、駐車場全体を効果的に撮影するために、カメラ4台の設置をご提案となりました。駐車場に防犯カメラを設置する場合は、高所から見渡すようにポールへの取り付けを行っています。

ハイブリッドレコーダー EH-1008H-4

駐車場全体の撮影には、38万画素のアナログカメラを、一時停止する出入口には、車両ナンバー撮影のために高解像度のメガピクセルネットワークカメラを設置しました。録画には、アナログカメラとネットワークカメラのどちらにも接続できるハイブリッドレコーダーを用います。

ハイブリッドレコーダー設置することで、駐車場の映像を離れた場所にある病院事務所でもご覧いただくことができます。

お客様の声

お医者さん.jpgのサムネール画像

 

カメラの画素数によって見え方が全然異なるのでびっくりしました。画素数の高いカメラを付けたことで、車のナンバーが記録できるため、駐車場でトラブルがあった場合も照合ができると思うと安心です。毎日不特定多数の人が出入りする場所なので、防犯対策をしっかり行っていることをアピールすることで、不審者を近寄らせない環境を作っていこうと思います。

参考
■ネットワークカメラとレコーダーの組み合わせ
今回のように、JVCケンウッドのネットワークカメラにアバーメディアのレコーダー等、異なるメーカー同士で組み合わせるには、レコーダーが「ONVIF(Open Network Video Interface Forum)」仕様である必要があります。ONVIFとは、アクシス、ボッシュ、ソニーが立ち上げたネットワークカメラ製品のインターフェースの規格標準化フォーラムのことで、ネットワークカメラの機能をWebサービスとして公開するのが特徴です。クライアントはカメラからWSDLを取得してそのカメラが持つ機能の利用方法を動的に入手することができます。


お問合せ