法人のお客様

HOME > 法人のお客様 > 駐車場・駐輪場の防犯カメラ設置事例 > 東京都世田谷区内コインパーキングの防犯カメラ設置事例

東京都世田谷区内コインパーキングの防犯カメラ設置事例

施工対象
東京都世田谷区内コインパーキング
工期
2日間
納品システム
・アバーメディア製ハイブリッドレコーダー
・JVC製ネットワークカメラ
・テスコムジャパン製デイナイトカメラ
・カメラ用電源
・ルーター等通信機器
・日東工業製収納盤キャビネット

お客様のご紹介

コインパーキングの防犯カメラ設置事例

 

東京都世田谷区で駐車場管理を行ってらっしゃいます。

24時間営業の無人の駐車場は、どうしても不正利用が発生しがち・・・。

駐車料金の踏み倒しや精算機嵐防止のために、アンチクライムの防犯カメラシステムを導入してくださいました。

 

 

アンチクライムからのご提案

EH-1004H-4なら収納盤に設置ができる.jpg駐車場への防犯カメラ設置の場合、管理室が近くにあるかないかで、設置方法が異なります。

管理室がない場合は、モニターやレコーダーを置く場所がないため、収納盤キャビネットの中に設置を行います。そのため、収納盤キャビネットに収まる小型サイズのものをご提案するようにしています。

アバーメディアのレコーダーはまさにぴったり。お弁当箱サイズのため、8インチの小型モニターと一緒に、収納盤キャビネットに設置することができます。

映像の取り出しが必要な時は、収納盤キャビネットを開け、小型モニターを見ながら、レコーダー操作が可能です。

 

 

アバーメディア ハイブリッドレコーダー EH1004シリーズの詳しいご紹介ページはこちら

お客様の声

レコーダーを置く場所がないので、防犯カメラ設置は難しいのかと思っていました。

現場調査の後にもらった防犯プランの提案書に、系統図や運用イメージ図を書いていただいたので、設置後にどう使うかがイメージしやすかったです。

ボックス型のカメラはかなり存在感があるので、駐車場の不正利用が減るのではないかと期待しています。

参考
コインパーキングには、毎日不特定多数の人が出入りします。
無人であることが多く、機械化されているため、ついつい「マナーを守らなくてもよい」と利用者に思われがち・・・。
罪の意識が薄れやすいコインパーキングでは、駐車料金の踏み倒しや精算機荒らしや不正利用や落書き、いたずらなどの犯罪が起こりやすいと言えます。

また、夜間のコインパーキングは、人通りが少なく、車の影になって不審行動が発覚しにくいため、窃盗犯にとって「仕事がしやすい場所」といえます。なんと過去には、ロープを掛けて精算機ごと引っこ抜いて持ち去る事件も起きています。
人目がない場所にお金が置いてあるのですから、泥棒にとって精算機は貯金箱と同じと言えるのかもしれませんね。

駐車場での犯罪を防ぐために、死角になりやすいポイントへの防犯カメラを設置をお勧めします。特に精算機周りは、車両ナンバーを撮影できる高解像度カメラが絶対です。設置ポイントに合わせた防犯機器を選ぶことが大切です。

アンチクライムでは、駐車場の無料防犯診断を行っています。防犯設備士が診断に駆けつけますので、どうぞお気軽にご依頼くださいね。

お問合せ